EDは生活習慣病の一種!ED治療にはED治療薬投与を

日本の成人男性の3人に1人がED

日本のED患者数は常に性交ができない完全EDの患者数が約260万人、ときどき性交ができない中等度のEDの患者数が870万人、たまにできない軽症を足すと、推定1800万人に達すると言われています。

これまでEDは長らく、「年をとれば自然になるもの」「加齢に伴う肉体的変化」などと考えられていました。

年をとるにつれて耳が聞こえにくくなったりするのと同じように、器官の衰えとみられてきました。しかし、30代前半でED症状をきたす人がいる一方で、60代後半で、まったくED知らずという人もいます。

つまり、EDは必ずしも年齢には関係ないことが分かります。

EDは生活習慣病の一種

性に関する話題を現在ほど大っぴらに語れなかった時代、EDに見舞われた多くの男性は「性生活の第一線から静かに退く」覚悟をしなければなりませんでした。

しかし、どうしても諦めのつかない方は、秘伝の特効薬や、医学的根拠のない怪しげな民間療法に希望を見出そうと涙ぐましい努力を重ねたものです。

EDは今日では、脳血管を詰まらせる脳梗塞や冠動脈を詰まらせる心筋梗塞と同様、血管をめぐる生活習慣病の一種と考えられています。

EDは陰茎動脈に起きる変調です。その代表的な症状は動脈硬化です。陰茎動脈は脳血管や冠動脈などよりも細いので、それらよりも早く変調をきたします。

ですから、陰茎に起こった動脈硬化はやがて、脳や心臓で起こるであろう脳梗塞や心筋梗塞の前触れとも言えるのです。

ED治療にはED治療薬投与のすすめ

EDは単なる加齢現象ではなく、前述のように年齢に関係なく起こる生活習慣病の一種です。 しかし、病気である以上、適切な診察と治療を施せば、改善の見込みがあります。

日本性機能学会の『ED診療ガイドライン』では、ED治療の第一の選択として、ED治療薬の投与を挙げています。

バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬は、男性が服用することによって、いずれも体の血管を拡張させ、全身の血液の巡りを良くし、特に海綿体の血管を拡げることによって勃起を補助する薬剤です。

脳の性欲中枢に働きかける催淫剤や、性欲増進剤ではありませんし、依存性、中毒性、耐性、妊娠への心配はED治療薬には全くなく、極めて安全な薬剤です。

EDで悩んでいる方は、ぜひ「満足なセックスができる」ように、またパートナーを「満足させられるセックスをする」ために、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬を試してみてはいかがでしょう?