シアリスの副作用

≪ シアリスの副作用について ≫

シアリスの副作用には、顔のほてり・頭痛・むかつき・消化不良があります。
また、『光が眩しい』『色が変化して見える』など一時的に視覚に影響が出る人もいますが、これら副作用の程度は軽く一時的なものとの調査報告がでています。


シアリスは元々、「副作用が起きづらく起きたとても軽度」と知られており、
上記の副作用も軽微なものが一般的です。

ただ、万が一これらの副作用が強く出た場合には、
直ちに服用を止め泌尿器科に相談するようにしてください。

シアリスの効果持続時間が裏目にでるケースも

シアリスは長時間効果が持続する(36時間程度)というのが人気の理由ですが、
これが裏目に出るケースもあります。

土曜の朝にシアリスを使用すると、
通常36時間後の日曜の夜には効果が切れるはずですが、
人によっては3日程度効果が続いてしまい、
翌日の月曜日までシアリスの作用が続いてしまうのです。

性的刺激を受けなければ「勃起」は起きませんが、
副作用は性的刺激の有無でなく起こるものですので、
月曜日の朝一から頭痛やほてりで悩まされる場合も考えられます。

シアリスの副作用対策

このように頭痛やほてりが長時間続く場合には、
シアリスの副作用対策として、1錠を半分に分割したり、3分の1にしたりと、
シアリスの使用量を減らすよう対策を講じる必要があります。

日本人男性の場合、多くが半錠で効果があると言われていますし、
体が大きい方以外は、最初は半錠で試してみることをおすすめします。